女性ホルモンを増やす食べ物や成分

MENU

女性ホルモンを増やす食べ物や成分

確実なバストアップを期待するならば、世間で高評価されているバストアップサプリを摂取する方法が一番手っ取り早いのですが、その他にも様々なアプローチで実践することもできます。

 

一般的にバストアップに効果のある成分として有名なのが女性ホルモンの一つであるエストロゲンという成分です。

 

エストロゲンは思春期以降だんだんと分泌量が増加されて女性らしい体を維持・形成する働きをします。

 

エストロゲンが多く分泌される時期は月経後から排卵前までの間で、この期間は体・心・肌ともに安定した比較的体調よく過ごすことができるので、女性が生活していく上でいかに大事な成分であるかが見て取れます。

 

そこで効率的なバストアップを狙うならばこのエストロゲンの分泌を促す方法をとることが一番手っ取り早いということになるのです。

 

エストロゲンの分泌は女性に多いホルモンバランスの乱れによって過剰に分泌されることもあれば、不足することも考えられます。

 

ですから常に必要以上のエストロゲンが対内分泌される状態を維持して遣らなければ効率的なバストアップは期待できないということになるのです。

 

最初に申しましたようにバストアップサプリを利用した手軽な方法もあるのですが、その他にもエストロゲンの分泌を促進する成分や似た働きをする成分などを食事から摂取する方法も有効です。

 

エストロゲンの分泌を促す成分にはボロンやビタミンB6があり、ナッツ類、キャベツ、りんご、ふどう、桃、梨、レーズン、海藻類、マグロの赤身やバナナに多く含まれています。

 

また、エストロゲンに似た働きをする成分としてはイソフラボンやレソルシル酸ラクトン類があり、イソフラボンは納豆、豆腐、きなこといった大豆製品に多く含まれ、レソルシル酸ラクトン類はごま、小麦、えんどう豆に多く含まれています。

 

このような成分が多く含まれている食材を毎日の食事に取り入れることで自然とエストロゲンの分泌促進を促すことができるというわけです。

 

食事のメインとなる食材は少ないので副菜として簡単に取り入れることが可能です。

 

飽きないようにアレンジや工夫を凝らして毎日摂取するようにしてくださいね。