女性ホルモンであるエストロゲンの働き

MENU

女性ホルモンであるエストロゲンの働き

エストロゲンといえばバストアップに関心のある女性にとっては聞きなれた言葉だと思いますが、このエストロゲンはバストアップだけでなく、女性が女性らしく美しくあるために欠かすことのできない女性ホルモンの一種です。

 

女性ホルモンとは卵巣から分泌されるホルモンで、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンとエストロゲンと呼ばれる卵巣ホルモンの2種類を指します。

 

この2つの女性ホルモンは女性にとって重要な役割を果たしており、プロゲステロンはいわば妊娠を司るホルモンで、排卵後の卵胞から分泌されて受精卵が着床しやすくしたり、至急への血流を活性化させます。

 

これに対してエストロゲンは第二次性長期である思春期には成長ホルモンと共に卵巣や子宮、膣などの女性生殖器の発育促進をはじめとして、乳腺を発達させてバストを大きくしたり、骨盤を発達させて女性としての体をしっかりと作り上げる働きがあります。

 

この女性ホルモンは思春期に一番多く分泌されるのでこの時期に規則正しい生活と栄養バランスのしっかりした食事を摂取していれば、女性らしい美しい体が作り上げられるというわけです。

 

この女性ホルモンは思春期を境として分泌され続け、その後も女性らしく生活していくために大きく関係してきます。

 

しかし、生活習慣や食生活の悪化によって女性のホルモンバランスは崩れることが多く、正常な分泌がされないこともしばしばです。

 

そうなると肌のトラブルや生理不順、ボディラインの崩壊などを引き起こしてしまうことになり、大変な事態となってしまいます。

 

このように女性ホルモンは女性が女性らしくあるために必要不可欠なものであり、特にエストロゲンは女性の美を維持する上で重要な意味を持つ女性ホルモンなのです。

 

ですから、ホルモンバランスを崩して女性ホルモンの分泌を妨げる事態を避けるためにも、日々の生活習慣を改めリラックスした生活を送り、栄養バランスの取れた食生活を送るようにしましょうね。